50代無職の絶望から生きがいを見つけた趣味が激変!

ビッグ友老後100まで!
50代無職の絶望から激変!

50代無職の絶望から生きがいを見つけた趣味が、パソコンとホームページ作りでした。

 

この趣味が、60歳以降にわたしの生き方を変えてくれるのですから、人生とは不思議なものですね。

 

50代半ばで雇止めにあって失業し、再就職もできないまま無職生活をしていました。

 

ハローワークでいくら探しても、自分に合った仕事が見つかりません。

 

孤独に部屋の中に閉じこもっていると、今後のことが不安になって落ち着かなかったのです。

 

そういった50代の無職の絶望を救ってくれたのが、パソコンでした。

 

 

50代無職の絶望から生きがいを見つけた趣味がホームページ作り!

東京スカイツリー

ハローワークで覚えたパソコンに興味があって、自宅にインターネットを引いたのです。

 

就職に役立つこともなくて、ゲームソフトを買ってゲームに使うくらいのレベルでした。

 

ゲームばかりでなく、他にパソコンで何か趣味ができないかと思って、ホームページ作りを始めました。

 

なぜかというとその頃、建設中の東京スカイツリーが話題になっていたからです。

 

スカイツリーが徐々に完成されていく様子を、ホームページにしたらどうだろうと考え、デジタルカメラを持って、スカイツリー周辺を散歩しながら、写真をとることが楽しみでした。

 

東武線の浅草駅から歩いて、撮影スポットを探しながら、どんどん高くなるスカイツリーの写真を撮ることが、孤独を癒す方法だったのかも知れません。

 

そして、撮りためた写真を使ってホームページを作ることにしました。

 

 

50代無職ホームページ作りが楽しい!

50代で無職の絶望から、ホームページ作りが生きがいとなったのです。

 

この趣味を始めたことが、わたしの人生を激変!させてくれました。

 

ホームページビルダーというソフトと、本を買ってきてホームページ作りを覚えた時から、新しい趣味ができたと思います。

 

本を読みながら理解するまでが大変でしたが、とにかく覚えることも作ることも楽しくて、まずは説明通りに作ってみました。

 

同じ作業を何度も繰り返しているうちに、ソフトの操作も分かってきます。

 

分かってくるとホームページを作ることが楽しみとなり、孤独を忘れて没頭していました。

 

デジタルカメラで撮った写真をどうすれば、ホームページに使えるのかも分からず、悪戦苦闘しながら作ったことを思い出したのです。

 

最初はBIGLOBE(ビッグローブ)の、無料のホームページ枠を利用して何とか投稿しました。

 

ところが、その後この無料のホームページ枠が、使えなくなってしまったのです。

 

初心者ですから、データ保存先も写真もパソコンの中にごちゃごちゃで、何が何だか分からなくなってしまいました。

 

それで、せっかく作ったサイトもなくなったと諦めていたのです。

 

 

パソコンからスマホやタブレットが普及してきた

わたしが無職でいた頃に、スマホやタブレットが普及してきたのだと思います。

 

ホームページを作るにしても、レスポンシブ対応のサイト作りが必須になっていたのです。

 

レスポンシブとはパソコン、スマホ、タブレットに対応したサイト表示のことです。

 

パソコンだけに対応したサイトのままだと、スマホやタブレットで見たときに、とても小さくて見づらくなってしまいます。

 

ですから、どの画面で見ても違和感なく表示できるサイトを作らなければなりません。

 

そんなこととても無理だと思っていたら、レスポンシブ対応のソフトがあったのです。

 

思い切って24,000円を払って購入し、ソフトを一から覚えて再出発しました。

 

 

ホームページを作り変えてみたらソフトの素晴らしさにびっくり

趣味で作ったスカイツリーのサイトを作り変えてみました。

 

元の写真データがなくなって、大きな写真が使えなかったのが残念です。

 

最初に作った当時は、写真が大きすぎて表示にとても時間がかかったので、写真を小さくしたり、分割して作っていました。

 

やはりスマホで見ると小さいですね。

 

わたしが趣味で始めたサイトを、レスポンシブ対応で作り変えたので、一応スマホでもタブレットでも見られると思います。

 

それがこちらです。
東京スカイツリー周辺散歩

2010年ごろに作っていたデータを探して、数年前に作り替えてみました。

 

ホームページ作りの趣味を始めてから、もう10年くらい経ちます。

 

初心者でもホームページ作成ソフトを使うと、パソコン、スマホ、タブレットに対応したサイトが作れてしまうのですから、今のソフトは凄いですね。

 

と言っても今は、ホームページ作成ソフトを使わなくても、ワードプレスを使ってレスポンシブ対応のサイトが作れますから、高いソフトを買う必要もありません。

 

サーバーとドメインさえ準備すれば、無料のワードプレスを導入して、サイト作りができてしまいます。

 

 

50代無職の絶望から趣味が激変した60代!

50代の時ホームページのことを調べていたら、グーグルアドセンスに出会いました。

 

このグーグルアドセンス広告をホームページに掲載すると、お金が稼げるということを知っていますか。

 

自分のホームページがあったり、作れる人ならアドセンスの審査に通れば、広告が掲載できるのです。

 

いまは、自動で広告が表示されるので、サイト作りに専念できます。

 

レスポンシブに対応したソフトを購入して以来、このソフトでサイトを作ってきたら、お金を稼げるようになってきました。

 

50代無職の絶望の中で始めた、趣味のホームページ作りが、60代では本業になって個人事業主で開業しています。

 

自分で作ったホームページで、個人でもお金を稼いで生活できるのですから、インターネットとパソコンって素晴らしいですね。

 

関連記事:
不労所得的収入源を作る生活!不労収入で自由な生き方をする考え方

 



札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡にお住まいの方
なんでも買います!【買取屋さんグループ】

ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-失業
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!