もう無職じゃない!パソコンが働き方を変えてくれた方法

ビッグ友老後100まで!




パソコンが働き方を変えてくれる

パソコンを使うようになって、無職から解放されて自由な生き方をしています。

会社に勤めないとか、雇われない働き方って、パソコンが使えるとできるんですね。

なぜ今まで知らなかったんだろうと、ちょっと後悔したこともあります。

まだ就活しているのですか?

わたしは履歴書を書くことをやめました!

家にあるパソコンで仕事しましょう!

もしパソコンが使えるなら、パソコンで仕事をすることも選択肢の中に入れてみてください。

 

もちろん会社に勤めなくて、家で一人でできる方法もありますので、将来を見据えて本気で取り組んでみてはどうでしょう。

 

もし今仕事がなくて困っているというなら、こちらの家にいてお金を稼ぐ安全な方法のページをご覧ください。

パソコンを使った仕事が身近にあることに気付けると思います。

 

パソコンを使って家でできる仕事がありますので、これならできそうだと思ったら、登録して始めてはどうでしょう。

 

パソコンが使える人でも、このクラウドソーシングという働き方でお金が稼げないようだと、他にパソコンを使って稼ぐことは難しいと思います。

 

例えば、ブログとかホームページ作りなどもあるのですが、どうしても記事を書くことが中心になるからなのです。

 

 

パソコンで働き方を変えられる方法

何事も瞬間的に本気出さないとうまくいきません。

いつも本気出していると疲れるので、やるときはやるというような本気です。

 

記事を書く仕事なんて、めんどくさくてやってられないかもしれません。

 

でももし記事を書くことが好きな人なら、クラウドソーシングで探すとライティングの仕事もありますから、コツコツやって記事を書いて稼ぐこともできます。

 

記事を書くことでお金を稼げるのですから、本気でWEBライターの道を歩んでみてはどうでしょう。

 

定年後にライティングの仕事を始めることもできますので、普段からパソコンで文字入力ができるようにしておくといいですね。

 
「家で稼ぐ方法」についても、下記のページで詳しく書いていますので合わせてご覧ください。

  • 家にいながら毎日ネットで1000円稼ぐ方法が分かりました
  • 毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました
  •  
     

    パソコンでホームページやブログを始めて稼ぐ方法

    わたしはもう5年以上も記事を書きながら、自分のブログやホームページ作りをやってきたので、特に働きに出なくても生活費くらいは自力で稼げるようになりました。

     

    パソコンの仕事でも目先のことを考えてしまうと、あまり稼げないのが当たり前なのですが、継続してやっているとお金が後からついてくる感じになります。

     

    そこまで頑張り切れると、無職から抜け出して自力で稼げる人になれるのです。

    パソコンを使って自力で稼げる人になると、次第に自由もついてくるかもしれません。

     

    わたしもホームページを自力で作ってきたら、2年目あたりから稼げるようになって、自由な働き方と生き方ができるようになりました。

     

     

    会社のためでなく自分のためにパソコンを使う考え方

    自分の将来のためにホームページ作りやブログを書いていると、継続すればするほど集客できるようになってきます。

     

    集客できるサイトができたら、そこに広告や企業の商品を紹介するアフィリエイトなどをやると、お金が稼げるのです。

     

    地道に継続しながらサイト作りをすることで、いつの間にか無職でもあるような自由な生き方ができてしまうのが、パソコンを使った仕事の素晴らしいところでもあります。

     

    わたしは50代後半のころに、もう就職できないかもしれないと感じて、本気でパソコンで稼ぐ覚悟で、一年くらい本気で取り組んでみました。

     

    すると、お金が稼げなくても記事を書く仕事に慣れてくるのです。

     

    それを継続していたら、いつの間にかお金も稼げるようになり自由な生き方ができて、会社で働くことを忘れてしまいました。

    継続することって大切ですね。

     

     

    パソコンを使ってネット資産になるサイト作りを目指そう

    パソコンが使えるならクラウドソーシングで仕事をしてもいいのですが、それだとやらないと稼げないし、なかなか自由な生き方はできません。

     

    生活に追われる働き方だと、常に不安が付きまとうことになります。

     

    その環境を断ち切るには、やはり努力や継続が資産になるやり方をしないと、自由がついてこないのです。

     

    その点わたしがやってきたホームページ作りやブログは、ある程度続けているとネット資産になってきます。

     

    自分で作ったサイトを売る気になれば売ることも可能ですし、そのまま継続することで過去に作ったページが、24時間365日お金を稼いでくれる可能性も出てくるのです。

     

    こういったネット資産となるように、とにかく記事を書いて継続することで未来が少しづつ、少しづつ変わってきます。

     

    2年3年と過ぎてしまうと、やっていてよかったと思うのですが、ほとんどの人は稼げないと思ってやめてしまうんですね。

     

    ですから、わたしがコツコツ継続してやっている気持ちも、ほぼ理解できないかもしれません。

     

     

    個人がパソコンを使って稼ぐなら継続の先を見据えること

    50代や60歳になって先を見据えると、定年後が気になると思います。

     

    わたしの場合は無職で暇な時間を利用して、記事をコツコツ書いてサイト作りをやってきましたから、62歳の時に個人事業主として開業しました。

     

    ライティングの仕事も継続して書いていると慣れてきて、書くことが苦にならなくなりますから、定年後や60代以降の仕事として選択肢の一つになりそうです。

     

    お金を稼ぐことは何をやっても苦労があるので、雇われる働き方も大変なことはわかっています。

     

    かといって自力で稼ぐ道も結構大変ですが、自由のある働き方ができることはありがたいことです。

     

    パソコンを使って仕事ができるようになると、自由が後からついてきますし、60代で年金をもらうようになった時、その自由に加速がついてきますよ。

     

    パソコンを使うライティングの仕事なら、定年後も老後も70代以降も、結構できるのではないでしょうか。

     

     

    個人が家にあるパソコンで稼げる時代になっている

    コロナ禍でリモートワークが当たり前になってきました。

    今までパソコンにそれほど関心のなかった人も、パソコンのありがたさに気付いたのではないでしょうか。

     

    さらにパソコンを使って自力で稼げるようになると、もうパソコンを手放せません。

     

    物を買うにもネットを利用する人が増えていますので、パソコンを使ったライティングの仕事やホームページ作りの仕事に可能性を感じています。

     

    60代になったら雇われる働き方だけではなく、自力で稼ぐためのパソコンの利用方法も、今のうちに考えてみてはどうでしょう。

     

    インターネット環境が整っている今の時代に、パソコンを使って仕事をしないなんてもったいなさすぎます。

     

    60代もパソコンさえ使えれば何とかなると思いながら、わたし自身は今日もブログを書いているのです。

     

    関連記事:
    60代や定年後に暇でやることがない人になってからではつらい!
    60代できると思えばまだできるができないと思えば何もできない

     



     

    家でも仕事は出来ます!

    インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
    毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

    実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
    最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

    誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
    家にいてお金を稼ぐ安全な方法
    あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

    【ビッグ友老後100まで!】管理人

    スポンサーリンク


    -仕事, 失業
    -

    © 2022 ビッグ友老後100まで!